【使い分け必須】出会い系で不倫するなら知っておくべき敬語とタメ口のメリット・デメリット

2匹のラクダ

今すぐ不倫の悩みを解決したければ占い師の先生にご相談ください。

 

自分で色々考えるより、知識豊富な先生に相談することで解決までの道のりがスムーズになります。

 

きっと、あなたの望んでいる答えに導いてくれるはずです。

 

行列のできる占い師に電話で相談《電話占いヴェルニ》

こんにちは、アヤコです!

出会い系サイトで主婦と不倫したいとお思いのあなた。

早く距離を縮めたいあまりに、いきなりタメ口満載のメッセージを送りつけてはいませんか?

実は最初からタメ口で話しかけてくる人って、主婦からは「あらやだ、この人馴れ馴れしいわ」と敬遠されがちなんです。

今回は『敬語とタメ口の使い分け』をテーマに、いい感じで主婦と仲良くなれる、そしていずれは不倫関係にもなれちゃうような敬語とタメ口の使い分けを考えていきましょう!

敬語とタメ口のメリット・デメリット

カップル

敬語とタメ口、それぞれにメリットとデメリットがあります。

それを理解してから使い分けなければ、妙に堅苦しかったり逆にチャラい印象を与えてしまったりして、せっかく見つけた素敵な相手とのやりとりも続かなくなってしまうのです。

敬語のメリット・デメリット

まず、敬語のメリット・デメリットから考えていきましょう。

【敬語のメリット】

不倫がしたくて出会い系を利用している主婦というのは大抵紳士的な、落ち着いた男性を求めているものです。

きちんとした敬語でメッセージを送れば、「敬語を使い慣れてるし、この人は誠実でちゃんとした人だな」と良い印象を与えられます。

【敬語のデメリット】

敬語というのは真面目な印象を与えられるのは良いのですが、ずっと敬語のままだと他人行儀ですし、何かのセールスマンと話しているような感覚にさせます。

また、不倫目的であるというのに敬語のままだと色恋沙汰の話をしてもなんだか淡々としていて盛り上がらず、なかなか心の距離が縮まらないことも。

タメ口のメリット・デメリット

次に、タメ口のメリット・デメリットを考えてみましょう。

【タメ口のメリット】

出会い系でやりとりをする上でのタメ口のメリットといえば、『まだ会ってもいないのに親密になった気になる』ということでしょう。

くだけた口調で話すことでお互いがリラックスしてやりとりができますし、いざ会う時に向けて何でも話せる雰囲気づくりができます。

【タメ口のデメリット】

出会い系サイトを利用していてよくあることなのですが、最初のメッセージから「よっ!今なにしてんの?どこ住み?」などといきなりタメ口で話しかけられると大抵の主婦は引きます。

「お前誰やねん」と思われること間違いなし。

なぜなら、ネット上とはいえ初対面の人にすら敬語で挨拶できないなんて、常識のない人だと思ってしまうからです。

また、出会い系サイトに慣れていそうだし、なんだかチャラそう、というイメージも与えてしまうのです。


それぞれのメリット・デメリットを踏まえて考えてみると、最初は敬語、やりとりが続けばタメ口に移行するというパターンが一番良いのではないでしょうか。

敬語からタメ口に移行するには

カップル

敬語からタメ口に移行するには、もちろんやりとりを続けながら頃合いを見計らうのがベストであると思われます。

では、具体的にどのように移行していけば良いのでしょうか?

タメ口に移行できそうなサインを感じ取ろう

やりとりを始めてから数日経つと、お互いの生活リズムや環境などはもう充分に知ることができているはずです。

そこから少し進んで、心の動きまで見せるような会話が多くなると、「そろそろタメ口に移行しても良いですよ」という相手からの自然なサインだと思っても良いでしょう。

  • 「今日はこんなことがあってちょっとへこんでます」
  • 「さっきこう言って貰えて嬉しかったです」
  • 「○○さんと連絡とると元気が出ます」

など、相手の心の中がちらりと見えるようなメッセージです。

そんな時に「大丈夫?いつでも相談に乗るよ」とか、「喜んで貰えたら僕も嬉しいな」という風に少しくだけた口調で話すと相手の心との距離を縮めやすいですし、そこから自然にタメ口に移行できるでしょう。

「嬉しい」「悲しい」「楽しい」「寂しい」がメッセージによく現れるようになった頃がおススメです。

自分からタメ口を提案してもいい

毎日のメッセージのやりとりをしていると、他愛ないことでも何でも話せるようになってどんどんラリーが続くことがあるでしょう。

でも相手は気を遣っているのか頑なに敬語で話している。

そんな時は自分から、「そろそろ敬語やめませんか?」と提案してみても良いですね。

自分の方が年上である場合は特に。

年長者から敬語をやめる提案をしてあげると相手も楽にタメ口に移行でき、親密度が高まります。

気を付けて頂きたいのは、そんなにやりとりをしないうちに「ねえ、せーので敬語をやめない?」などと言わないように。

そんなトレンディドラマのような提案はやりとりで仲良くなってからにしましょう。

いざ会ってからはどうする?

カップル

やりとりではうまくタメ口に移行でき、お互い距離が縮まった気がして会う約束もできたとします。

では、会ってからはどうでしょう?

いきなりご陽気に「やあ!会いたかったよ」とタメ口で話しかけても良いものなのでしょうか?

第一声が大事

やりとりで充分に仲良くなって実際に会うことになった時も、やはり最初は敬語で挨拶をしましょう。

「はじめまして、○○です。お会いできて良かったです」などときちんと挨拶をして、誠実さをアピールした方が好感度は高いです。

いくらメッセージで親しくなっているとはいえ、実際会ってみるとやはり緊張するものですし、多少の警戒もしていますから。

最初は敬語で話をして、自分が怪しい人間ではないということを相手に伝え、緊張が解けてからゆっくりタメ口に移行していくと良いでしょう。

第一声からタメ口で話すと、「メッセージでは紳士だったのに会ってみると案外軽いノリなんだな」と思われてしまいます。

相手が年上の場合

相手が年下の女性ならすぐにタメ口に移行できると思いますが、もし相手が年上の女性だった場合、いざ目の前にしてしまうとメッセージのやりとりのようにタメ口に移行していくのはなかなか気を遣うかもしれません。

それでも親密になるためにタメ口で話したい。

その場合は基本的に会話のベースは敬語にして、時々チラッとタメ口を混ぜるのが良いでしょう。

そして「あ、ついタメ口出ちゃいました」と言ってみましょう。

メッセージではタメ口で話していたのですし、きっと相手も「タメ口でいいよ」と言うタイミングを計っているはずなのでそこからすんなり移行することができます。

この記事を読んだあなたにおススメな記事

女性「出会い系で人妻と不倫したい」人妻のニーズを理解すれば親密関係になれる! ベンチに座るクマ出会い系で「やっぱ会えない」を阻止する!ドタキャンを防ぐ対策とは? 女性ワンナイトラブお断り!出会い系で身体目当てじゃない男性と不倫する方法

不倫関係を目指すなら…

出会い系で不倫相手を探している主婦は、やりとりや実際会ってから、まず相手が安全に不倫できる相手としてふさわしいかどうかを見極めようとしています。

ただ遊ばれて傷つくのも御免ですし、本気になられ過ぎて家庭を壊されても困ります。

その見極めの基準として一番わかりやすいのが相手の言葉遣いなのです。

ですからきちんと敬語が使えるということは、主婦に不倫相手として選ばれるための第一関門であると言っても良いでしょう。

ただ、その敬語があまりに堅苦しいとそれはそれで理屈っぽくて近寄り難いイメージを与えてしまうので気を付けてください。

また、タメ口が『悪』であるということは決してありません。タメ口は親しい仲の人間としか交わさない温かみのある言葉です。

ただ、最初からタメ口で話すことだけはやめておきましょうね。

やりとりもしないうちからチャラいと思われて避けられるのを防ぐため、最初はまず紳士的に敬語で話しかけましょう。

まだ悩みが解決できていなければ先生に相談するのが1番

電話占いヴェルニは、雑誌やTVメディア等、全国で活躍する占い師の先生方に直接電話で占っていただけるサービスです。

「電話なんかで本当に占えるの・・・?」と心配される方も少なくないと思いますがご安心下さい。

弊社独自の厳しいオーディションを突破した先生方が霊感・霊視を駆使し鑑定致します!!

あなたの悩み、見えないからこそ不安な未来が、たった一本の電話で変わります。

占い師の先生に相談する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です